フラット35審査と金利の推移はどうなっている?

過去10年間のフラット35の金利の推移は、全体としてみるとかなりの下降線です。
まず、2004年9月の金利が3.
370%でしたが、2005年6月にかけて一気に下がり2.
630%まで落ち込んでいます。
その後2006年3月から2008年3月まで上下幅はありますが2.
8%から3.
3%の範囲で収まっています。
2008年6月に3.
284%まで上昇しましたが、その後は下降線をたどっています。
2010年9月に一旦2.
120%まで下がり2011年6月まで上昇傾向にありましたが、その後小さな上昇下降を繰り返しつつ、2015年2月に底値の1.
410%まで下がりました。
3月に入り1.
507%まで回復したので、2014年5月から続いていた史上最低金利更新がやっとストップしたわけです。
現在の金利は借り手有利と言われているので、今が借り換えのチャンスとする意見が多いです。
申し込んでから審査結果が出るまでは時間がかかりますから、借り換えるなら早めの行動が肝心です。
フラット35のつなぎ融資とは?金利を比較!【必要になる場合とは?】