FXと株取引の違いとは?

株取引といえば、株を扱うとすぐに理解でき、投資しやすいと考える人もいるようです。
株とFXを比較すると、知名度は落ちるかもしれません。
しかし、FXの方が株取引よりも自由度が高いため、サラリーマンや主婦に人気が高いようです。
株式は、前場と後場で時間が区切られています。
9時から11時までが前場であり、後場は12時半から15時までです。
日中に仕事や家事を行う人には、少し不便でしょう。
しかし、為替であれば、取引時間の限定はありません。
24時間いつでもインターネット環境さえあれば取り組めるので、忙しく時間が取れない人であっても、参加することが可能です。
上場企業の株は、約4000程度であり、選択の幅は広がります。
しかし、株によっては取引相手がおらず、なかなか約定しないということもあるでしょう。
それに比べて、FXの取引通貨は10種類程度ですが、世界中に取引参加者がいるため、約定率が高くなります。
この2つの取引は、利益を得る方法も違います。
株は価格差益や配当によりますが、FXでは為替差益と、スワップ金利で利益を得ることができるでしょう。
株の場合は、所有している株の会社が倒産すると、所有株が紙くず同然になってしまう可能性があります。
FXは為替によるので、倒産はほとんどないに等しいといえるでしょう。
通貨は全く価値がなくなるということはないので、安心して取引ができるでしょう。
しかし、レバレッジや予想外の為替変動によるリスクが伴うことも、忘れないようにしてください。
FX投資