派遣会社の役割と派遣就労のメリット・デメリットは?

派遣会社の役割と派遣就労のメリット・デメリット派遣会社とは、たくさんの派遣スタッフを抱えており、人材が必要な企業のニーズに合う経験やスキルを持ったスタッフを派遣する会社のことです。
スタッフが実際仕事をする職場は就業先である派遣先企業ですが、雇用主は派遣元である派遣会社となります。
ですので、給与の支払いや社会保険の手続き等は派遣元が行います。
登録型派遣の大半は「一般労働者派遣」といい、実際に派遣先で就業している期間のみ雇用契約が成立します。
派遣で働くにあたって、次のようなメリット・デメリットを理解しておきましょう。
メリットとしては、「期間に制限があるため一つの会社に縛られることなくいろいろな会社や仕事を経験できる」「勤務時間や日数など自分の生活に合った働き方ができる」「職業紹介やエントリーなどは派遣会社が対応してくれる」等があります。
逆にデメリットは、「ボーナスが出ない」「契約期間が終了すると次の仕事が見つかるまで無職」等があります。
派遣という働き方は、現在大切な雇用形態の1つではありますが、正社員と違いやはり期間的・収入的にも不安定になります。
そのため、そういったデメリットも十分に理解・検討した上で派遣での就業を選択することをお勧めします。
派遣会社ランキングおすすめは?短期アルバイトも!【口コミは?】