生命保険の比較してみたら?

生命保険の比較情報を追って行くと、「これに入るべきか」、「あれに入るべきか」というダブルバインド(二重拘束)に陥ることもありますが、「保険に入らない」という選択もあります。
「保険に入る」ということは、非常にお金のかかることです。
何故か日本では「保険に入るのは当たり前」という認識がありますよね。
しかし、それは「日本の常識」であって、「世界の常識」とはまったく異なります。
それだけ大きな保険市場を展開する「保険大国」と言えます。
知ってる人の方が少ないかもしれませんが、日本というのは「保険料にお金をかける」国民性があります。
その裏と言うのは、保険会社の営業努力があります。
そう言っても過言ではありませんよね。
これは言い換えると、つまり、「周りに流される必要はないし、別段入る必要はない」ということでもあります。
このようにも言えますよね。
世界人口のおよそ1%~2%にしか満たない日本国民ですが、世界全体の保険料のうち延べ30%を占めているということです。
これもおかしな話かと思われます。
このように保険大国として世界一という事は、世界で最も心配性が多い国であるという事実を明らかにしているのかもしれませんね。
しかし、そんなに人間というものは、簡単に病気になったりするのでしょうか。
私個人の意見としては、病気になりがちな人とか、スポーツ選手など、「保険金のお世話になる可能性が高い人」が入れば良いのです。
今、一度、生命保険の比較をしてみてください。
それとその前によく考えてみましょう。
あなたにとって、生命保険は、本当に必要なものですかね!?